2011.11.26 TMUG#19 出演者プロフィール

2011.11.26 TMUG#19「For the next Innovation “Max6 & M4L”」

出演者プロフィール

古舘 健 | FURUDATE Ken

アーティスト、プログラマー。
2000年頃より、anagma名義でのライブパフォーマンス、およびvokoi氏とのユニット710.beppo( http://arch-project.com/ )として活動。
2002年よりサウンド・アート・プロジェクトThe SINE WAVE ORCHESTRA( http://swo.jp/ )を石田大祐、城一裕、野口瑞希らとともに主宰。
横浜トリエンナーレ2005を始め様々な展覧会にて作品を発表。2006年にはヨーロッパ/アメリカツアーを行う。
現在は京都を拠点に、映像、サウンド、インタラクティブのプログラマーとして、自身の制作の他に、他アーティストのクリエーションに参加。
主な参加プロジェクトとして、パフォーマンスグループdots「nowhere」[2008~]、「KISS」[2009]、「カカメ」[2010~]、「LIFE – fluid, invisible, inaudible…」[2007~](高谷史郎氏と坂本龍一氏との共作)、高谷史郎氏「La Chambre Claire」[2008~]、「CLOUD FOREST」[2010~]、椿昇氏「Radikal Aqua」[2011~]、坂本龍一氏「UTAU Tour 2010」への映像提供、また、今西玲子とのDuoやplan+e(糸魚健一[PsysEx]らとのオーディオヴィジュアルユニット)としてのライブパフォーマンスなど。
2011年より710.beppoを再始動。ZETTAI-MUでのレギュラーVJやAlex Smokeとの共同プロジェクトなどを進行中。
http://ekran.jp/anagma/

live performance by Reiko Imanishi and Ken Furudate, Oct. 28th 2011
http://www.youtube.com/watch?v=BIWtZb26MCs

plan+e live May 2010
http://www.youtube.com/watch?v=uw_mV6AnU6o

La Chambre Claire
http://www.youtube.com/watch?v=b9-n4fPD8KI

大貫妙子&坂本龍一 / 3びきのくま
http://www.youtube.com/watch?v=IfaEf1YmTl4

 

Katsuhiro Chiba

電子音楽家。Max/MSP愛好家。ラップトップ・インプロヴィゼーションを目的としてMax/MSPで作成されたアプリケーション「cyan/n」の作者、また、Abletonが配布するMax for Live用Live Pack「Classic Synths」の作者としても知られる。2007年、moph recordsのコンピレーションアルバム「sneaker」に参加。2011年、ファーストアルバム「Silent Reverb」リリース。

http://www.audiooo.com/

//
+MUSよりリリースのコンピレーション 『VEIN』(MUS-002)にも参加して頂いています!
こちらも是非どうぞ。→LINK
//

 

今井慎太郎

今井慎太郎(作曲|サウンドアート)
国立音楽大学大学院修了後、Ircamにて研鑽を積む。2002年度文化庁派遣芸術家在外研修員として、カールスルーエのZKMにて研究活動を、また2004年度DAADベルリン客員芸術家として、ベルリン工科大学電子音楽スタジオを拠点に創作活動を行う。2008年よりバウハウス・デッサウ財団にてバウハウス舞台の音楽ディレクションをたびたび務める。2011年3月にはベルリンのクラブ、ベルクハインにて単独公演を成功させた。国立音楽大学および同大学院専任講師。
http://www.shintaroimai.com/

 

Yousuke Fuyama

プログラミングによる作品創作や即興演奏を学び、音響、映像、グラフィック、インスタレーションなど多岐に渡る活動を展開。主にインターフェースとプログラムを用いたデータの相互変換による表現を追求する。
LAPTOPBATTLE TOKYO Vol.4 にて優勝、その他FUTURA、CCMC、AAC、Sonic Art Project、CREAM、DPG、soundfollies、SonarSoundTokyo2011など国内電子音響音楽コンクール、コンサート、 イベントでの作品発表や演奏を行う。
ノイズ・音響イベント”野良音子”を主催する他、都内を中心にライブパフォーマンス出演、クラブイベントなどでのVJ出演、Yuta Yamadaとのデータ実験ユニット”SeeMyDimple”での活動を行っている。
また、WL WORKSHOP for CREATORにてMax/MSP,Jitter講師、都内制作会社にてサウンドデザイナーとして勤務する傍ら、インタラクティヴシステムのデザインやデバイス制作、映像演出なども手掛けている。
http://yousukefuyama.com/

 

Max/MSPワークショップ 講師プロフィール

9月10日に行われるサウンドクリエイターの為のMax/MSPワークショップ の講師の方々のプロフィールをご紹介します。

Katsuhiro Chiba

電子音楽家・MaxMSP愛好家。ラップトップ・インプロヴィゼーションを目的としてMaxMSPで作成されたアプリケーション「cyan/n」の作者、また、Abletonが配布するMax for Live用Live Pack「Classic Synths」の作者としても知られる。自身のウェブサイト(http://www.audiooo.com)で配布されているパッチは、長年に渡り多くのMaxユーザーの良き目標・実例集でありつづけている。2007年、moph recordsのコンピレーションアルバム「sneaker」に参加。2011年、ファーストアルバム「Silent Reverb」リリース。

http://www.audiooo.com

http://www.audiooo.com/jp/discography/index.html

 

DUB-Russell

東京を拠点に活動する、首藤陽太郎とNOEL-KITによるユニット。2010年12月、TokyoMaxUsersGroupでのライブセッションを機に、DUB-Russellとして 本格的に活動を開始。
Max/MSP(ソフト)を用いて、エレクトロニカ、ブレイクビート、アンビエント、ダブ、ノイズなど、様々なジャンルの音楽を独自の解釈でリアルタイムに再構築するスタイルで、精力的にライブ、リミックス、音楽ソフトウェア制作などの活動を行っている。

http://dubrussell.com/

http://plumus.tokyomax.jp/release.html

 

間違いなく日本でも有数のMax使いであり、Max/MSPを中心とした確固たる音楽製作のスタイルを確立しているお三方から直接Max/MSPを習えるまたとないチャンスです!
特にサウンドクリエイターの方に向けたワークショップ内容となっていますので、Max/MSPだけでなくDSP全般の知識に関してより深く掘り下げたい方にもお勧めです。是非ご参加ください!

TMUG#17:出演者プロフィール

TokyoMaxUsersGroup#17

出演者プロフィール

hariya_shusaku
針谷周作(unsorted books / SALON magazine)
編集者/ライター。1999年にSALONmagazineを立ち上げ、以降、2003年までに3号までをリリース。
2004年には、ラフォーレ原宿など全国4カ所で開催された「SOUND×VISION2004」のディレクションも行い、2010年に「つくる」をテーマにした出版部門/Webマガジン「UNSORTED」を設立。また、森美術館《OPENMIND》CDアドバイザー。映像プロデュース/ディレクションとして、小谷元彦《Rompers》、ACO《lang》、mesoのミカエル・ホプフェルによる作品《cordlesstime》など。2010年11月には、ComputerSoupの8年ぶりのニューアルバム《OLDNEO》を、プライベートレーベル・toroskaioよりリリースする。
http://unsorted-jp.com/
http://salon.toroskaio.com/b-number.html

irie_takuya
入江 拓也(SETENV)
1978年生まれ。SETENV代表。
音楽・美術を中心としたプロジェクトの企画・制作(制作協力)などを行う。
これまで手掛けたプロジェクトは、
「Variations On a Silence ― リサイクル工場の現代芸術」(2005)、
「TENORI-ON Launch Event in Tokyo」(2008)、
「ヨコハマ国際映像祭2009:CREAM フォーラム」(2009)など。
http://www.setenv.net/

TMUG#16:出演者プロフィール

toucyy

toucyy
某ICメーカーに働きつつ、その傍らDJの経験とハードウェア、ソフトウェアエンジニアリングのバックグランドを生かし活動中。
現在Analog Recordの絶滅危機を回避する、新たなDJ技術の改新、レコードでの演奏(シンセサイザー)を可能にする、”Anvs”(アンブス) – Analog Vinyl Synthesizer -
を製作中(現在、ライブ向けのAnvs 2の開発Phase)、それを使用したLIVEの実現をめざす。
Blog
Anvs External Controller Gate Arp Test(youtube)

nanonum

nanonum
エレクトロニカミュージシャン・矩形波指ドラマー。
3連譜と変拍子とポリリズムに振り回されながら、大量のMIDIコントローラーとMax/MSP、Reaktorを組み合わせ、フィジカルな楽器として活用するトラックメイキング、パフォーマンスを行う。スクラッチDJ・ヒューマンビートボックス・ラップを使い分けるSPA TAKKAとのユニットでも活動中。
www.nanonum.com/

Chikashi Miyama

Chikashi Miyama
作曲家、インターフェース・デザイナー、ヴィデオアーチスト、パフォーマー。「視覚と聴覚の新たな関係性」をキーワードにメディア、テクノロジを駆使した作品制作に従事している。国立音楽大学音楽デザイン学科より学士(2002)、修士(2004)を共に主席で取得、同校よりドコモ奨学金と大学院研究奨学金を授与され、2004年より渡欧。スイス、バーゼルのMusik-Akademie, Hochschle für MusikのNachdiplom課程に3年在籍し、C言語によるMax/MSPエクスターナル開発やSuperColliderを中心にオブジェクト指向言語を指導、その後、2007年にニューヨーク州立バッファロー大学からPresidential Fellowshipをはじめ4つの奨学金のオファーを受け、博士号取得のためアメリカに移住。現在、博士課程4年。また同校にてTAとして後進の指導にもあたっている。作曲、コンピュータ音楽を莱孝之、Erik Oña、G.F.Haas、Jacob Ulmann, Cort Lippe、Jeffrey Stadelman氏に師事。第30回ブールージュ国際電子音楽コンクール (フランス)レジデンス部門佳作、2006年度 Scrime 電子音楽コンクール(フランス)ファイナリスト。Prix Destellos 2009(アルゼンチン)特別賞、ASCAP/SEAMUS委嘱コンペティション(アメリカ)2位受賞。2004年よりICMC(International Computer Music Conference)に7年連続、2008年より、NIME(New Interfaces for Musical Expression)に3年連続で入選を果たした他、デジタル画像処理ソフトウェア「DIPS」の論文をIRCAM(フランス)のAgora Resonanceフェスティバルで発表。さらに、現在までにJune in Buffalo 01(アメリカ)、Mix 02(デンマーク)、Musica viva 03(コインブラ/ポルトガル)、Sonic Art 04(東京)、Next generation 05(ドイツ)、Davos Festival (ダボス/スイス)、Re:New 2008 (デンマーク)、Lica-Mantis(イギリス)、dBâle 08(スイス)、NYCEMF2009(アメリカ)、SEAMUS2010(アメリカ)、SICMF(韓国)、New Media(ベルギー)など、世界15カ国以上で作品発表を行っている。2005年からは、自作センサー楽器を用いたパフォーマンスをはじめ、Shift Festival(バーゼル/スイス)、Dorkbot Meeting(チューリッヒ/スイス、NWEAMO(アメリカ)、Pd Con(ブラジル)、SuperCollider symposium 2009(アメリカ)などで発表を行うほか、SGMK(スイス)にてワークショップを行っている。ピアニスト、渋谷淑子氏をはじめ、ギタリスト、José Navarro氏、国際クラリネットフェスティバル(東京)、Espace Sonoré(スイス)などからの委嘱多数。作品は2005年ICMC公式CDやMIT press Computer Music JournalのDVDに収録されている。

TMUG#15:出演者プロフィール

  • 山本俊一(tkrworks)

09年より(有)山本製作所に入社。tkrworksとして“PICnome(ピクノーム)”の開発と販売を行う。10年1月から、ダンスミュージックレコードでのPICnome64の取り扱いが始まるとともに、初のPICnomeワークショップ”Make PICnome, Make Music… Vol.1”を開催。今後も都内を中心に積極的にワークショップ等を行っていく予定。
http://atelier.tkrworks.net/

【ニコニコ動画】【初音ミク】グリーン・アンビエント【オリジナル】

  • NOEL-KIT

元舞台音響です。主に Max/MSPを使った環境音の再生成やサウンドエフェクトの合成を行ってきました。近年はアンビエントやエレクトロニカ、ノイズに傾倒した楽曲の制作や配信をしています。
http://www.noelkit.com/

Atsushi Tadokoro

  • 田所 淳 (YOPPA.ORG、openFrameworks.jp)

1972年生まれ。慶應義塾大学政策メディア研究科修士課程修了。アルゴリズムを用いた音響合成による音楽作品の創作、ラップトップコンピュータを用いたインプロビゼーション(即興演奏)などを行う。その他にWebサイトの制作を中心にデザインとプログラミングを行う。 多摩美術大学情報芸術コースでは、Sound and Bio Art Workshop (SBAW)を担当。
http://yoppa.org/

  • 福井恒太郎&清末有人(ondomusic)

ondomusic.comとは、 2003年に福井恒太郎と清末有人によって設立されたオンラインMP3レーベル。 MP3やMax/MSPで製作されたソフトウェアなどをリリースしている。
福井恒太郎
東京在住のサウンドアーティスト。
シカゴのLUMPEN MAGAZINEの主催するコンピレーション『LUMPETORONICA Vol. 3, 6』など多数のプロジェクトに参加。また、マルチメディアグループFULCRUM COLLECTIONのメンバーとして、シカゴ現代美術館、シカゴ文化センターでのソロパフォーマンス「My Reality Festival」「SONOSCAPE Festival」などにも参加。また、ラップトップを使用したインプロヴァイザーとして、Michael Hartman (TVPOW) やJON Muller (Pele/Crouton Record) などと競演。シカゴのBoxmedia Recordsよりエレクトロアコースティックのアルバムのリリースをはじめ、Fatcat Demo Archive、Unlabel(England)、 EKO(France)、Bottrop-Boy(Germany)、 Commune Disk(Japan)、360°records(Japan)、Terry Plumming(chicago)などへMP3、リミックス、アルバムなどをリリースしている。最近フランスの新進レーベルSEMからニューアルバム、 Gently Touching The Conceptionをリリースした。
清末有人
東京在住のエンジニア。
過去にBlack SheepやFulanitoの録音に携わる。
http://www.ondomusic.com/