[MaxTips番外編]ReWire導入

初めまして、こんにちは。TMUGの福井です。
Max/MSPをReWire Deviceとして、Logic Pro7をミキサー・アプリケーションとして使用する例を紹介します。
Max/MSPとLogicをReWireでつなぐことで、MSPで生成した音をLogic上で再生してみましょう。

はじめてMaxでReWireを使用する場合。まずMax/MSPを起動しOptionsメニューからDSP Statusを選びます。
DSP StatusウィンドウのDriverで「ad_rewire」を選択します。
これでMax/MSPがReWire Systemに登録されましたので、一旦Max/MSPは終了します。
この作業は一度だけ行えば良いので、毎回やる必要はありません。

次にLogic Pro7を起動します。
まぁ簡単に、「ファイル」メニューの「新規」で「ReWire – One Slave」を選びます。
トラックの「Rewire A1」を選択し、タイプをReWireとし、デバイスでMaxMSPを選択します。

Max/MSPを起動して、DSP StatusのDriverでad_rewireを選択します。
適当なパッチで音を出してみましょう。

Logic Pro7の「ウィンドウ」からトラックミキサーを表示して確認してみましょう。

Logic上でMax/MSPの音を再生することでMax/MSPで組むのが困難なエフェクトを使用しながらリアルタイムに作曲したりできますね。
[Max/MSPで生成した音を一度sfrecord~オブジェクト等で録音してLogicに取り込んで編集…]といった面倒な作業も省けます。
今ではPCのスペックも向上し、LIVE時にMax/MSPとLogicを同時に立ち上げてパフォーマンスをする。ということも割と可能だと思うので他にも様々な使い方ができるかと思います。

Logicは今ではLogic Studioという名称になりバージョンアップしています。(僕はまだアップデートしていないのですが)
こちらに含まれているLogic Pro 8ではReWireサポートの大幅な強化で自動設定が可能になり、ReWire対応ソフトウェア音源の再生、モニタリング、処理、シーケンシングをLogicでそのまま簡単に実行できるようになったそうです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

[おまけ]
ableton LIVE編

1、Liveを起動します。

2、MaxMSPを起動して、DSP StatusのDriverでad_rewireを選択します。

3、Liveでオーディオトラックを作り、入力にMaxMSPを選択します。
(このときMonitorを”In”にしていないと録音ボタンを押すまで音は出ません)

4、MaxMSPのDSP処理を開始するとLiveから音が流れます。

5、マルチアウトを使う場合はMaxMSPのdac~オブジェクトの引数を出力したいチャンネルに、LiveのAudio Fromを入力したいチャンネルに合わせます。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

[おまけ2]

ProTools編

1、ProToolsを起動します。

2、MaxMSPを起動して、DSP StatusのDriverでad_rewireを選択します。

3、ProToolsでオーディオトラックを作り、インサートにMaxMSPを選択します。
(例ではステレオトラックを作りました。)

4、ReWireのインサートウィンドが現れたらチャンネルを選択します。

MaxMSPのDSP処理を開始するとProToolsから音が流れます。
5、マルチアウトを使う場合はトラック毎にインサートウィンドウのチャンネルを合わせます。

Text by Fukui,Shuto,Kamijyo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>