2011.5.14:TMUG#18「Sublimation」

多くのギークたちに惜しまれながら感動の最終回を迎えた。。。かに見えたTMUG!
何事もなかったかのように戻って参ります!ただいま!おかえり!
第18回目となる今回は、先日待望のフルアルバム”Silent Reverb”をリリースした”Cyan/n”でもなじみ深いKatsuhiro Chiba、国内外を問わず様々なアートプロジェクトに携わっている小柳淳嗣、WEB・ソフトウェア・デバイス・映像・音楽等、魅力的なコンテンツを生み続けているクリエーター集団Karappo Inc.!
今後の活動がますます気になる3組が、パフォーマンスを交えて創作のウラを語る!
もちろんMax初心者•非ユーザー大歓迎!どなたでも気軽に参加ください。

日程:2011年5月14日(土)
会場: 西麻布Bullet’s
時間:18:00 – 21:00
料金:1000円(1ドリンク付き)

 

出演者

Katsuhiro Chiba (tone on tone label)
http://www.audiooo.com/

小柳淳嗣
http://www.celescape.org/koyanagi

KARAPPO Inc.
http://karappo.net/

 

出演者プロフィール

Katsuhiro Chiba (tone on tone label)

電子音楽家。デジタル音響処理にも造詣が深く、ラップトップ・インプロヴィゼーションを目的としてMaxMSPで作成されたソフトウェア「cyan/n」の作者としても知られる。2007年、moph recordsのコンピレーションアルバム「sneaker」に参加。近年は戸田誠司率いるkappaでも活動。2011年3月にリリースしたアルバム「Silent Reverb」では、徹底して自身でデザインしたツールを駆使する制作スタイルを貫きながらも、エモーショナルな作風を披露している。プログラミングはデジタル生成音に魂を注ぎ込む作業と考える。

 

小柳淳嗣

北海道札幌市出身。武蔵野美術大学大学院デザイン専攻映像コース修了。
映像作品から制作活動を始め、その延長として音、メディアアート作品等の制作を行う。
音と映像による表現を中心に据え、 それらによる空間構成、環境設計をコンセプトに活動を展開している。
ソロでの活動以外に、pico pico stomachsなどのユニットでの活動、舞踏、ダンスとのコラボレーション、music videoの制作などを行っている。
また、視覚と聴覚の体験を中心としたコンセプトをもとに活動する団体”ONZO”の運営とイベント”Phantom Bug”の主催、アーティスト同士のコミュニケーションハブとなる機会の提供などを目的とした”アツマリ”、環境、空間を幅広い観点から総合的に認識するためのプロジェクト”celescape”の運営、アーティストランスペース”飯田橋文明”の運営などを行っている。
その他、ICCにて行われたプロジェクト”Lib-LIVE!”(2005-)、フランスと日本で行われたプロジェクト”SETSUZOKU”(2003-2004)、武蔵野美術大学と多摩美術大学の共同プロジェクト”nu:”(2003-2004)、イギリスと日本で行われたプロジェクト”traversing territories”(2005-2006)などに参加。

 

KARAPPO Inc.

2006年に三尾康明、寺田直和の二人によりスタート。
グラフィック、ウェブ、インタフェースデザイン等、様々なメディアを横断して、アートディレクションやデザイン、開発を行っている。
また、クライアントワークと並行して、映像や音楽、フィジカルコンピューティングによる、ライブやインスタレーション、デバイス制作などの活動も精力的に行っている。

ちっちゃなティー・エム・ユー・ジー@浅草橋天才算数塾

ちっちゃなTMUG

(続)忘年会『ちっちゃなTMUG』開催決定!!
どう考えても早すぎた前回の忘年会。まだまだ呑み足りない、話足りないのか!?TMUGスタッフが呑みながらオタクな話をしたいだけで企画されたこの企画。maxに関わらず音楽×映像などなど、やりたい事や聴きたい事をラップトップを開いて酒の勢いで隣の人に聴いちゃいましょう!
当日は音響と映像設備も完備!簡単なライブやその場でコラボも出来るかも!?
会場はDJぷりぷりがオープンさせた巷で話題の「浅草橋天才算数塾
とりあえず楽しければいいんじゃね。ゆる〜く開催します。どなたでもお気軽にご参加ください。

果たして年内最後となるのか。。。

TokyoMaxUsersGroup presents
『ちっちゃなTMUG』
日時:12月11日(土)18:00-22:00
会場:浅草橋天才算数塾
値段:2000円(ドリンクフード付き)
天才算数塾アクセス
http://www.geocities.jp/sansuujuku/access.html

Live音源アップ

_IGP4384

忘年会で行われたNOEL-KIT×首藤陽太郎(TMUG)セッション

2人の初ライブセッション音源アップしました。
当日初音合わせ、セッションながら大変好評を頂きました。
視聴、100円で購入可能です。この音源すべてMax/MSPによって作られています。

*売り上げはすべてアーティストに支払われます。

#15に出演して頂いたニコニコ動画、ネットレーベルを中心にコンセプチュアルな楽曲を発信するMax/MSP、VOCALOID使いNOEL-KIT
Max_tipsでお馴染みTMUG1のMax使い首藤陽太郎によるライブセッション!

NOELさんのLiveパッチ Blogにて解説・配布中

NOEL-KIT patch
NOEL-KIT patch

忘年会:Shuto-Max/MSP patch
首藤 patch

11/28 TMUG,TKSC,PICnome合同忘年会

合同忘年会(仮)フライヤー

しわっす!忘年会やります!

あの感動の終焉はなんだったのか…
#17を以て大団円の最終回を迎えた”TokyoMaxUsersGroup”が 何事もなかったかのように一日だけカンバック!2011年から装い新たにスタートする新イベント”TokyoSuperCollider“、 “tkrworks“率いるPICnome開発チームと共にジャンル横断の合同忘年会を開催! デバイス開発者と2大DSPソフトウェアのユーザーグループが贈る渾身の忘年会をただの飲み会と侮るなかれ…

わかんなくてもいいから来い!どなたでも気軽に参加ください。

TokyoMaxUsersGroup、TokyoSuperCollider、PICnome
合同忘年会
11月28日(日)18:00-21:00@
西麻布Bullets
1000円(1ドリンク付き)

TKSCタイム:18:15 ~ 19:00
安田到 – All About Tokyo SuperCollider (Talk)
umbrella_process – RAIN TOWER Ⅳ (Live)

PICnomeタイム:19:00 ~ 20:00
nanonum (Live)
磯貝サイモン (Live)
山本俊一 (Talk & Opening Act)
and more?

TMUGタイム:20:00 ~ 21:00
NOEL-KIT × 首藤陽太郎(TMUG/imageBend):「ライブセッション」
比嘉了 ×  田所淳(YOPPA.ORG):「ofxKinect」

TMUG#17:出演者情報2

2005年 SETENVがリーテム社と組み新設されたリサイクル工場で開催した「Variations On a Silence」の写真です。国内外のアーティストを招聘しリサイクル工場を題材とした作品の展示が行われました。工場内で行われたChristian Marclay「Tabula Rasa」のコンサート、関連イベントしてUNITで行われたMarclay、Hecker、刀根康尚のLiveは素晴らしかったです。足を運ばれた方も多いのではないでしょうか。

TabulaRasa

「Variations On a Silence ― リサイクル工場の現代芸術」(2005)
Christian Marclay + Flo Kaufmann “Tabula Rasa”
(C)SETENV

続きを読む

TMUG#17「WATER UNDER THE BRIDGE」

Tokyo Max Users Group #17

〜WATER UNDER THE BRIDGE〜

針谷周作はメディア・プロジェクトSALONのディレクターとして、90年代後半から爆発的に活性化したアーティストたちのネットワークを粘り強く取材し、その創作の秘密を鋭く切り取ってきた。グリッチ特集の紙面にきらめくnato.0+55パッチにあこがれ、インタビューの中で解き明かされる音楽家たちのウィットとテクニックに嫉妬して、僕らはまんまとMaxのスパゲッティーコードに絡めとられた。SALONの5年近くの沈黙の後、2009年に針谷は新たな流れをマッピングするためにウェブメディアのUnsorted、出版社Unsorted Booksを立ち上げた。電子即興ユニットComputerSoupのメンバーとしての活動も再開、11月20日に自身のレーベルtoroskaioから新作”oldneo”のリリースを控えている。

SETENV代表の入江拓也もまた、特定のミュージアムや企業、研究機関などとの共依存を注意深く退けつつ、新たな質やアイデアが生まれるパフォーマンスや制作、議論の現場に僕らを立ち会わせてくれる。

2002年にはSONAR SOUND TOKYOのシンポジウムの企画から運営までに携わり、ディジタル・テクノロジーとオーディオ/ビジュアル文化を取り巻く言説の場を提供。2005年に都内リサイクル工場で開催されたVariations on a Silenceでは、刀根康尚やクリスチャン・マークレーら歴史的なミュージシャンとHecker、710.beppoら新進のテクノロジストが一同に会する環境をセッティングした。その後も岩井俊雄とYAMAHAによるデバイスTenori-Onの国内ローンチイベントなど、テクノロジーや言説と創造性の関係に焦点をあてたディレクションを続けている。

そして過去4年間で大小23回のイベントを開催し、国内外からのべ100人以上のアーティストやデザイナー、研究者を招いてユニークなテクニックと表現を紹介してきたTMUGチーム。過去のアーカイブを振り返りつ、TMUG/BRIDGEとしての展望を披露します!

SALONを抜け出し未だ分類されざるメディア=Unsortedへと向かう針谷の思考の行方とは?2010年現在、入江が新たにセットするべき「環境」とは?作り手と環境/メディアの関係性をさぐり、架橋するTMUG/BRIDGE最後の公開ミーティング!

2010年11月13日(土)
18:00 – 21:00
1000円(1ドリンク付き)

出演者
針谷 周作(unsorted books / SALON magazine)
http://unsorted-jp.com/
http://salon.toroskaio.com/b-number.html

入江 拓也(SETENV)
http://www.setenv.net/

福沢 恭(TMUG/Bridge)
http://tokyomax.jp/
http://bridge.tokyomax.jp/

TMUG#16:ビデオアーカイヴ

TMUG#16の映像をアップしました。

「PdとMax/MSP」Chikashi Miyama(chikashi.net/

“PureData”と”Max/MSP”を21の視点から徹底比較。

Keynote

View more presentations from Bridge TMUG.
1:値段
2:プラットフォーム
3:インターフェース
4:操作性/視覚性
5:データタイプ
6:order of execution
7:プロセスのon/off
8:ダウンサンプル
9:signal vector size
10:signalからcontrolへ
11:overlap and add
12:table lookup synthesis
13:delay line
14:send/receive
15:scope
16:FFTの実装
17:イメージプロセッシング
18:自作GUI
19:最新シンセス・テクニック実装
20:ドキュメント
21:モバイルデバイスで使う

続きを読む